手作り酵素ドリンク

トップページ 手作り酵素ドリンク

手作り酵素ドリンク

酵素ドリンクは自分で作ることができるものです。

 

酵素ドリンクを購入すると結構高価な物ですから、自分で作れるものならば作りたいですよね。

 

その方がナチュラルという意味でもおすすめです。

 

今はやりのスムージー、これ自体が酵素ドリンクなのです。

 

ただし、酵素ドリンクにするには、特別なジューサー、もしくはミキサーを使わなければいけません。

 

というのも、一般的なミキサーでは熱が加わってしまいます。

 

酵素は非常に熱に弱く40℃以上の熱で酵素は失われてしまうのです。

 

ですから、コールドプレスという言葉を皆さんも聞いたことがあるかと思いますが、これをつかって40℃以下の熱でフルーツや生の野菜をくだくことが酵素ドリンクを作る上で1番重要な点ポイントとなっています。

 

特別なマシーンを購入するのにはお金がかかるかもしれませんが、これさえそろえてしまえば毎日自分好みの酵素ドリンクを摂れるようになり、体の中からヘルシーになることができます。

 

もちろん、ダイエットにもこの手作り酵素ドリンクは向いています。

 

好きな時に好きな材料で作れる酵素ドリンクは、味も少しずつ自分好みに変えることができるので、酵素ドリンクダイエットも難なく続けることができます。

 

酵素ドリンクの原材料の数に惑わされてはいけない

 

酵素ドリンクの数は年々増え続け、今では選択に困るぐらいの数が出てきていてます。

 

競合が激しいのか、商品自体に他には負けない特徴を持たせようと、原材料の数なんかはもの凄い数が使われていますが、実際の効果として原材料の数というのはそこまで重要なのでしょうか。

 

そもそも、なぜ酵素ドリンクに使う原材料の数が増え続けているのかというと、原材料が多い方が酵素ドリンクの効果に真実味が増すからであって、実際に酵素が増えるかどうかというのは関係ありません。

 

原材料と酵素の数の関係というのは数値化が難しいものですから、メーカー側も正確な数は把握していないでしょう。

 

使っている素材が増えれば増えるほど商品のセールスポイントが増えるわけですから、より他社との違いを設けるための競争となっているわけです。

 

消費者側で注目したいのは、原材料の数ではなくその会社のこだわりです。

 

原材料にどれぐらい気を遣っているのかはとても重要ですし、その辺りをしっかり考えている会社の商品であれば、出来上がる酵素ドリンクの効果も推して知るべしといったところでしょう。

 

近年、酵素ドリンクが人気になったことで品質の低い酵素ドリンクも多々見受けられます。

 

しっかりと会社から調べて、安心して使える酵素ドリンクを選ぶことが必要なのです。